S級グループからのお知らせ

みなさんはトランプ派?ヒラリー派??

S級グループです!

今、アメリカの大統領選挙が11月8日に迫っています!

それに伴って、アメリカでは候補者同士の熱い戦いが繰り広げられています☆

トランプとクリントン


 

その候補者の1人が写真右の「ドナルド・トランプ氏」。

トランプ氏は、「不動産王」と言われている世に、不動産業で身を興しており、就任が決定すれば「実業家としてははじめて」のアメリカ大統領になります。


 

候補者の2人目が「ヒラリー・クリントン氏」。

決定すれば「初の女性アメリカ大統領」になります。1993年から8年間大統領を務めたビル・クリントン氏を夫に持つ、元ファーストレディは政治的経験も豊富です。

この2人のどっちになるか?それが見もので両者一歩も引かない戦いが続いています!


 

この2人の最も違いがあるのが、「対外政策のスタンス」です!!

トランプ氏が掲げているスローガンが「アメリカを再び偉大に!」ということです。

過激な発言がこれまで目立っていたトランプ氏ですが、簡単にまとめて言うと「アメリカ第一」の政策を実施しようとしているのです!

アメリカ人の富と職、安全を確保するのが第一とトランプ氏は言っています。

モデルは、第二次世界大戦中の大統領であった「フランクリン・ルーズベルト」のような感じですね。

ルーズベルトが行った「ニューディール政策」のように”封じ込め”を行うのが理想のようです!

 

そして、対するクリントン氏。

クリントン氏は、「オバマ政権」の路線継承を期待されています。

トランプ氏が打策している封じ込めではなく「打倒」を!という姿勢が際立っているのがクリントン氏です。

ただ、戦略論的にはオバマ路線継承の現実はであるようです。

通商政策では、中国の不公正貿易には報復を趣旨しており、

日本を含む為替安に誘導している国に対しては批判的であるようですね。

今回はその点では日本経済において、ねじれ関係にあるようです!


 

日本にとって有利な方はどっちなのか?

ですよね?

今回は、トランプ氏の共和党が実現した場合、日米間の摩擦は高まる可能性は相当高いそうです。

世界の主要メディアは、トランプ氏の「アメリカ第一主義」を危険な時代錯誤と非難しています。

しかし、クリントン氏がそこまで愛されている人物ではないそうです。

内向きな愛国主義が思いがけず有権者を飲み込んでしまった実例を見たばかりの我々にとって、

アメリカ世論の行方は選挙当日まで全く目を離せないものと見るべきだと、言われています!!


 

みなさんは、どっちがいいでしょうか?

私は一応、クリントン氏を推しているのですが、もう辞任されますがオバマ氏が一番だったかもしれません。

日本への影響的にはオバマ氏のままが一番いいんだと思います。

どっちが勝っても、日本は絶望とおっしゃる評論家もおられるようですね。

なぜなら、日本にとってはドル安誘導されるので、「円高を強いられることになる」んですよ!

そうなってくると、日本でインフレが加速するかもしれませんね!!

悩む

でも、心配しないでください!

S級グループで働いていただくにあたって、給与や待遇が変わることはありませんし、

女の子第一主義でずっと営業させていただきますので、よろしくお願いします!

S級グループは、アメリカ政治とは「無関係」ですよーー♪

いつでもご応募ください(^O^)

 

お問い合わせ

カテゴリ一覧

月別の記事一覧

お知らせ最新5件

お気軽にお問い合わせください

営業時間10:00~23:00

  • お電話でのお問い合わせ0120-472-774ご相談は女性スタッフがお受けいたします
  • メールでのお問い合わせinfo@sgroup-rec.comクリックでメール画面が起動します

pagetop