S級グループからのお知らせ

お前は偽物だ!「イイ女風の勘違い女」がやっちゃう痛い言動!

女なら誰しもが男性に「イイ女」と思われるために日々、「美」について追及していると思います。その努力の方法が間違っていると途端に「痛い女」のレッテルを張られてしまいます…。美しくなるのも一苦労ですね。そこで男性がどんな女性を見ると、「この女、痛いな。」と思ってしまうのか?いくつか項目を上げていきますので、自分でやってしまってないかチェックしてみてくださいね♪

1・恋愛経験をもとにアドバイスをしようとする

「恋愛の話をしていると、とにかく上から目線でアドバイスしてくる女性ってウザいでしょう」

「自分では経験豊富だと思っているからアドバイスしようとするんだろうけど、そういう人に限って、実際は大したなかったり、本やネットで取り入れた知識で語ったりしてくるからウザい」

こういった声が男性から上がっています

恋愛アドバイスは、タイミングを見計らわずにいつでもどこでもやっているとこんな風に思われているかもしれません。

恋愛は十人十色。いくら経験豊富だといっても常人くらいの経験値なら、しないほうがマシかもしれません。これぞ大きなお世話。「私だったらこうするかも」くらいの参考を話すくらいが一番いいかもしれません。

2・自分を高く売ろうとする

「話していて高飛車というか、私は簡単に釣られないみたいな発言が見えると、こいつはイイ女だと思っているんだなぁって思います」

やっぱり恋愛のアドバイスでも一緒ですけど、上からみたいな発言を男性は極端に嫌うみたいですね。簡単な女もつまらないと思われるのでしょうけど、自分から自分は簡単じゃないみたいな発言をしてしまう女性もどうかと思う。っということみたいです。私は簡単に揺るがないと思っていても心の中に秘めておきましょう。

3・自分より美人への嫉妬が凄い

「本当にイイ女は人と自分を比べたりはしない。勘違い女ほど自分より美しい女性を見つけるとあからさまに嫌がる」

「ちょっとくらいのイイ女が一番タチが悪い。中途半端に自信があるから、本物の美しさを持っている人を前にしたときの嫉妬が凄い」

美人はやっぱり気が強いものなのでしょうか。同族嫌悪ですかね。少しでもライバルをという意識の表れかもしれませんが、そういうことをしている時点で本物ではないのかもしれませんね。

4・モデルや芸能人の真似のような生活習慣

「まるで自分が芸能人にでもなったかのような生活。それをインスタなどのSNSでどうだー!っといった感じで全面に出しちゃっているような女性はちょっと痛いですよね」

女性なら誰もが憧れるモデルという職業。けれどやっぱり本物と偽物は全然違う。本物、一流になると尚のこと。努力のレベルが違います。それを上っ面だけ真似をしている雰囲気だけ出してもダメということ。ましてやそれを公に表現しちゃうと痛いだけと思われるみたいです。

5・まとめ

何をするにしても「慎ましさ」というものが大事なのかもしれませんね。お淑やかで儚げで美しい。これが本物の美しい日本女性。大和撫子というものです。

カテゴリ一覧

月別の記事一覧

お知らせ最新5件

お気軽にお問い合わせください

営業時間10:00~23:00

  • お電話でのお問い合わせ0120-472-774ご相談は女性スタッフがお受けいたします
  • メールでのお問い合わせinfo@sgroup-rec.comクリックでメール画面が起動します

pagetop